簡単ミュージックダウンロード♪
    iTunes Music Storeより簡単にお好きな曲が格安にてダウンロード!J-POPからクラシックまで1,000万曲以上の品揃え♪
    translate this blog into

    プロフィール

    歌番兄さん

    Author:歌番兄さん

    ランキング


    閲覧者数:

    BBS7.COM
    MENURNDNEXT

    カテゴリー

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    TOP
    The BOOM~島唄~
    THE BOOMは1992年1月22日発売のアルバム「思春期」で三線や琉球音階など沖縄音楽の要素を取り入れた「島唄」を発表。 またその年の12月12日には沖縄の方言(ウチナーグチ)で歌われた「島唄(ウチナーグチ・ヴァージョン)」を沖縄県限定でリリース、瑞穂酒造の泡盛「クロッシー」のテレビコマーシャルソングに起用され(このCMも沖縄県限定)、沖縄だけで1万枚を超える売り上げを記録した(後に全国発売され、50万枚近くを売り上げている)。

    一方、標準語で歌われた「オリジナル・ヴァージョン」のシングル全国発売の要望も高かったが、もともとその予定はなかったようである。THE BOOMのボーカルで「島唄」の作詞・作曲を担当した宮沢和史も当時の沖縄ブームに便乗したシングルリリースには否定的であったが、いろいろな人に意見を聞いた結果、「オリジナル・ヴァージョン」をシングル発売することにした。特に喜納昌吉(現参議院議員)から贈られた「(『島唄』を単なる沖縄音楽の真似事、と批判する者もあるが)音楽において、『魂』までコピーすれば、それはもうコピーなんかじゃないんだ」という言葉に背中を押された、と宮沢はTV番組でコメントしている。

    こうして1993年6月21日、「島唄(オリジナル・ヴァージョン)」が全国発売となり、150万枚以上を売り上げる大ヒットとなった。その年にTHE BOOMは大晦日の紅白歌合戦に出場、「レコード大賞」でも「ベストソング賞」を受賞した。また記憶に新しいのは、アルゼンチンでアルフレッド・カセーロが日本語のままカバーした「SHIMAUTA」が2001年に地元で大ヒットし、サッカーの2002年日韓ワールドカップ・アルゼンチン代表チームの応援曲に起用されたことである。その影響もあり2002年、THE BOOMの「島唄」とアルフレッド・カセーロの「SHIMAUTA」を収録した「島唄 Shima Uta」が改めてリリースされ、10万枚を売り上げるリバイバル・ヒットとなった(オリコン最高10位)。その年の紅白歌合戦にも「アルフレド・カセーロ&THE BOOM」名義で出場し、「島唄」を歌っている。

    現在では国外内問わず多数のミュージシャンにカヴァーされ、学校の音楽や英語、地理の教科書に採用されるなど、THE BOOMの「島唄」は日本を代表する楽曲としてその名をあげている。
    (wikipediaより)



    『島唄の歌詞』の本当の意味知ってますか?


    テーマ:生きるための歌 - ジャンル:音楽

    TOP
    この記事に対するコメント
    TOP

    この記事に対するコメントの投稿















    TOP

    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://musicdownload.blog38.fc2.com/tb.php/306-5c40f04b
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    TOP
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。